裏銀座 Day1 - 2019.08.10 Sat.

昨夏に続き、今年の夏休みも北アルプス最深部へ。

Day 0:竹橋駅 - 七倉

Day 1:七倉 - 高瀬ダム - ブナ立尾根 - 烏帽子小屋 - 烏帽子岳

Day 2:烏帽子小屋 - 野口五郎岳 - 水晶小屋 - 祖父岳 - 雲ノ平

Day 3:雲ノ平 - 鷲羽岳 - 三俣山荘 - 三俣蓮華岳 - 双六岳 - 双六小屋 - 樅沢岳 - 西鎌尾根 - 槍ヶ岳

Day 4:槍ヶ岳山荘 - 槍沢 - 上高地 - 新島々駅 - 松本市街


* * *


8月9日(金)夜の「毎日あるぺん号」で竹橋駅から七倉へ向かう。

夜行バスは久々だったから、七倉到着時は腰が痛くて仕方がなかった。

到着時刻は、3:45というまだ夜明け前という途方に暮れる系パターン。

とりあえずヘッドライトを点けて高瀬ダムまで歩き出す。


* * *


高瀬ダムまでは、徒歩1時間半~2時間ほどで、七倉からのタクシーだと15分らしい。

タクシーのつもりだったが、運航開始は5:30からだったので徒歩でスタート。

高瀬ダムには5時過ぎに到着。

七倉と高瀬ダムが裏銀座縦走路の起点といわれるけれど、人がほとんどいなくて本当に静かだった。

腹ごしらえを済ませて、北アルプス三大急登の一つ「ブナ立尾根」を歩き始める。

最初は、たいしたことないなと思ったけど、暑くて暑くて本当にキツかった。

避暑しにきたつもりが、なかなかのサウナ状態。


* * *


ブナ立尾根を登りきると、烏帽子小屋に到着。

早速、テントの受付を済ませて設営。

小屋では、ふとんを干したりしていていい雰囲気が漂っていた。

これは知らなかったけど、烏帽子小屋はお花畑が有名らしい。

薄紫というか、青というか。

とりあえず小屋でひとやすみ。

ひとやすみしたので、烏帽子岳の山頂へ。

夕暮れ時も本当にいい時間だった。

こういう時間があるからやめられない。

----------

《Tops》山と道 Merino Henry T-shirt

《Bottoms》山と道 5pocket Shorts

《Shoes》ALTRA TimpTrail

《BackPack》山と道 Three

《Shelter》SixMoonDesigns GateWoodCape

0コメント

  • 1000 / 1000